必要なサービスは残しつつ削減できるものは削減することによって実現される格安航空券の料金

世の中、利用者のちょっとした我慢がないと、その安さを味わうことができないようになっています。LCCが誕生し格安航空券が生まれましたが、利用者の理解がなければその恩恵を感じることはできません。なぜそこまで格安航空券として利用者に提供できるのかを考えてみましょう。

必要なサービスは残しつつ削減できるものは削減することによって実現される格安航空券の料金

■徹底したサービスの削減
LCCの格安航空券はさまざまなサービスを徹底して削減したことから生まれました。それは予約からもわかります。レガシーキャリアでもインターネット予約はできますが、LCCはそれしかできません。電話予約をする場合は有料になります。チェックインのときもカウンターには無人機で行うことが多く、ここにも人員削減によって浮いた経費を航空チケットに回していることがわかります。

引合い・羽田空港発福岡空港着 国内格安航空券は空旅.com http://www.soratabi.com/

■機内も工夫されている
それが機内でもうかがうことができます。機内サービスは基本有料です。寒いからブランケットが欲しい場合はレガシーキャリアであればCAが笑顔で持ってくれますが、LCCの場合はお金と引き換えに笑顔とブランケットを受け取ることができます。

レガシーキャリアではドリンクサービスがありますが、LCCにはありません。またLCCの機内はシートピッチが狭くなっており、多くの乗客を乗せられるように工夫されています。いろんなことを浮かせて格安航空チケットが誕生したことがわかるでしょう。

時にレガシーキャリアと比較して、LCCはサービスが悪いと言われることもありますが、安い値段で飛行機を利用できる環境は、大きなメリットと感じることができる人もいるはずです。そのような人にこそ、格安航空券は大きな力となってくれるでしょう。

レガシーキャリアのサービスは不要と考える人は、ぜひ格安航空券を使ってみてください。

◆格安航空券はなぜそんなに安い?
航空会社のサービスを徹底して削減したことによって、浮いた経緯が格安航空券になりましたが、まだまだ安さには秘密があります。時にこのサービスや、経費を浮かせたLCCの努力に理解できず、悪く言う原因になってしまうことがありますが、LCCと格安航空券の関係を良く知ることで、身近な存在となり、安い価格で飛行機に乗ることができるきっかけになりますので、理解する努力を怠らないようにしましょう。

■こんなところにも工夫が
空港滞在時間がレガシーキャリアと比較しても、短いのもLCCの特徴です。通常は1時間ほど滞在することが多いのですが、LCCは到着から発着まで30分ほどしか空港に滞在していないことが多いです。機内の掃除などはLCCのCAが行うなど工夫をして、短縮しています。

■利用者にとってみればデメリットも
子供の利用を考えたとき、少し頭のなかに入れておかなければならないことがあります。レガシーキャリアでは幼児と小児の区別がされていますが、LCCの場合幼児が2歳未満、それ以上は大人と見做されます。家族旅行で安いからと格安航空券を利用すると、思わぬ出費になることがあります。

レガシーキャリアの場合、子供割引が発生します。LCCの場合大人料金が安くなりますので、比較した時、そんなに変わらないことも起こりえます。子供を連れてのLCCは少し注意が必要になりますので、よく理解しておくことが大切です。子供料金からもわかるように、このようなちょっとした盲点があり、それがLCCの印象を悪くしてしまう要因になっています。

しかし安い値段で飛行機に乗れるメリットはかけがえのないものです。LCCに対する理解を深めて、格安航空券を利用しましょう。